奈良県で雨漏りをする前に雨どいの交換をしないといけない理由

みなさん、雨どいのお手入れしていますか?

この雨どいは壊れたり、詰まってしまったりなどトラブルが起きる場所なので、メンテナンスが必要です。

雨どいが壊れると、さらに雨漏りなどの原因にもなってしまうことがあるんですよ。

今回は雨漏りをする前に、雨どいの交換の必要性をご紹介します。

奈良県の雨漏りをする前に雨どいを交換する必要性

雨どいってどこの部分?

雨どいとは、雨が降った日に屋根から落ちてくる雨水を、一旦雨どいで受け止め、雨水の通り道を作り、上から下へとスムーズに落とすものです。

一軒家であればこの様な、雨どいが必ずついているものです。

この雨どい、とっても重要な役割をしているんです。

こんなお悩みありませんか?

・雨どいに、ごみなどが詰まっており、水が流れない。
・雨どいのつなぎ目や雨どい自体に、破損が見られる。
・雨どいが、はずれてしまった。
・自然災害で、破損してしまった。
・雨どいに、カビやコケが生えている。

雨の日や意識して雨どいを見ないと、トラブルに気づきにくい場所です。

この雨どいは、お家のためにとっても必要な部分な部分なんですよ。

古くなって破損や雨漏りの原因になる前に、修理や交換をしましょう。

奈良県の雨漏りをする前に雨どいを点検する必要性

雨どいの交換時期

屋根に流れた雨を、雨どいで受け止めることで、外壁や基礎などが雨にさらされずに、お家を快適に長く保つ役割があります。

しかし、この雨どいが壊れていたり、劣化して交換が必要な場合、外壁や基礎を傷めるどころか、ひどくなるとお家に雨漏りを起こすことにもつながります。

雨どいの交換目安は、だいたいお家を建ててから10年ほどです。

お家を建ててから、15年以上たっているのであれば、雨どい自体に劣化が起きている場合があります。

雨どいの修理や交換は住まいるサービスにおまかせください

住まいるサービスでは雨どいの修理交換も承っています

雨どいは家の高い場所、屋根の部分から下につながってついています。

屋根付近は高い場所ですので、ご自身でメンテナンスするには、危ない場所になります。

そんな時は、お家のプロにまかせましょう。

住まいるサービスでは、屋根の修理や高い場所にも強い、プロの職人がおります。

あなたの代わりに、あなたのお家のメンテナンスを行います。雨どいも、もちろんおまかせください。

雨漏りすることで起きる事

雨どいが壊れて、雨水のスムーズな流れがうまくいかなくなると、徐々にトラブルが起きやすくなります。

外壁にたくさんの雨水がかかるようになり、外壁のヒビ割れなどから雨水が侵入し、雨漏りを引き起こします。

この他に起こるデメリットは以下のようなものです。

  • 建物に雨水が入りこみ、家の中の湿度が高くなることで、木造部分が腐食していきます。木造部分が腐食すると、お家自体の持ちを悪くしてしまいます。
  • 湿気をふくむお家は、白アリの大好物。これにより、さらにお家の状態を悪くしてまう原因になってしまいます。

雨漏りにより、湿気の多いお家に住んでいると、カビが生えアレルギーを発症する方もおられます。

お家だけでなく、私達の健康にも悪影響を及ぼします。

このように、雨どいを放置することや雨漏りを放置することは、良いことがありません。

特に雨漏りが起きている場合、すでに体に影響を与えている事が多いです。

長年、修理や交換をしていない場合は、すぐにでも業者に依頼することをおすすめします。

早く気づけば気づくほど、お家の状態をより、良い状態で保つことができますよ。

雨どいのトラブルや雨漏りは、なるべく早く改善をしましょう。体への影響も抑えることができます。

自分でできる雨どいのトラブルチェック

雨どいの状態を確認したいときに、チェックするポイントを6つご紹介します。

  1. ひび割れたりしていないか?
  2. 変形して、ゆがんだりしていないか?
  3. 傾いていないか?
  4. つなぎ目や金具が壊れていないか?
  5. ぐらついたりせず、しっかり固定されているか?
  6. つなぎ目などから水が漏れていないか?

雨どいを交換するには、まず形状や素材を理解してから、交換方法を知っておきましょう。

雨どいの種類や素材

雨どいの形は3種類

半円形 ・古いお家であれば、こちらの雨どいが一般的についています。
・作りが単調なので、値段もお手頃です。
角型 ・流れる水の量が、半円型に比べ多いので最近のゲリラ豪雨に対応できる、設計になっています。
特殊型 雪などの多い地域などに対応した、雨どいになります。

雨どいの素材

雨どいには、6種類あります。

塩化ビニール ・よく雨どいに使用される、素材です。
・紫外線や雨で、劣化や破損は早めです。
・費用は比較的安いのと、組み立てが簡単。
合成樹脂 ・塩化ビニールよりも、耐久性にすぐれています。
・紫外線を浴びる事での劣化を防ぐ、処理を行っているため、塩化ビニールよりは少し高め。
ガルバリウム銅板 ・最近注目の金属素材です。
・錆びにくい上に、耐久性もあります。
・他の金属素材に比べて、安い。
・耐久性が高く、酸化すると味のある色へ変色します。
・屋根などに使用されることが多くい。
アルミニウム ・雨水によるサビがつきにくいのが、特徴です。
・つなぎ目をほとんど作らず、変形や変色も起こりにくい。
・生産量は少な目なので、費用は少し高め。
ステンレス ・錆びにくいことで知られる。耐久性も高くつなぎ目があまり目立たない。
・アルミより安いが、こちらも生産量がすくないため、費用は高め。

お家の立地や環境によって、条件に合うものをつけるといいですね。

どれをつけたらいいか分からない、そんな場合も住まいるサービスに、ぜひご相談ください。

最適なものを、ご提案させていただきます。

雨どいの交換はプロに依頼するのがおすすめ

雨どいを交換するには、いろいろな準備が必要です。

また屋根部分はとくに、危険を回避するためにも、業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼するときは、きちんと足場を建て、プロの職人が交換します。

他にも、専門知識を必要とする部分でもあるので、全てをまかせるのが安心ですね。

奈良県の雨漏りをしている雨どいの交換のようす

雨どいの交換

今回は、雨どいにサビなどの劣化、ごみのつまりを起こしているお宅の、雨どいの交換と掃除をしてきました。

雨どいは、普段見えない場所なので、どうなっているか分からない状態です。

このように、飛んできた落ち葉や汚れ、ものが詰まっていたりなどの状況もあります。

交換前

お掃除前

お掃除後

交換後

だいぶ、キレイになりましたね。

汚れや水の流れをさえぎるものがないと、雨水などがスムーズに流れ、雨漏りもお家を傷めることもなく、快適に生活することができます。

奈良県の雨漏りする前に雨どいはDIYもできる?

雨どいをDIYするには、プロのようにヘルメットや長いはしごなどの道具がたくさんいる場所です。

ご自身でやることで、節約できると考えるかたも中にはおられます。しかし、屋根の上ということだけでも、危険で知識のいる場所です。

雨どいの交換はいろいろ考えず、業者さんに依頼することをおすすめします。

あなたが、危険をおかしてまで雨どいをDIYする、時間と労力を考えると間違いなく安全で効率は良いです。

また、DIYにより失敗してしまった場合、2重に費用がかかることにもなりかねません。

慣れない場所、専門知識がいる場所は、経験のあるプロの職人におまかせくださいね。

奈良県の雨どい交換に使用できる火災保険

火災保険で雨どい交換できる?

火災保険は、火災の場合以外の時にでも、使用できるのをご存じですか?

火災保険は条件によっては、雨どいの交換ができる場合があるのです。

あなたの入っている火災保険によっては、使用できる、使用できないはあります。

契約の内容を、確認してみてくださいね。

火災保険は使える場合

火災保険が使えるものの一例

火災保険の保証の種類
風による災害 ・台風や強風であまどいが壊れた

・飛んできた物によりあまどいが破損

雪による災害 ・雪が積もって雨どいが壊れたり、ゆがんだ
水による災害 ・激しいに雨により雨どいが壊れた

・洪水で雨どいが破損

火災保険によって、保証してくれる範囲も変わります。

場合によっては、0円で雨どいを交換できる場合があるんですよ。

火災保険に入っている方は、保証内容を確認するといいですね。また、一部負担してくれる場合もあるため、一度ご相談されることをおすすめします。

DIYをして破損してしまった場合やトラブルは起きてしまった場合は、火災保険ではなく、地域の業者さんへ相談しましょう。上手に活用して雨漏りする前に、雨どいを交換されてくださいね。

まとめ

雨漏りは、お家に相当なダメージを与えてしまうことにつながります。

また種類によっても、持ちも費用もさまざまです。

雨どいの必要性だけでなく、火災保険も上手に活用して、あなたのお家にあった雨どいに交換されてくださいね。

また、メンテナンスも必要です。高い位置にありますので、自分ではおそうじしにくい場所です。

そんなときは、お気軽に住まいるサービスにご相談ください。

あなたのお家とあなたの体のために、プロの職人やスタッフがお家を長くキレイに保ち、快適な生活のサポートをさせていただきます。

スポンサーリンク



お問合せ

お問い合わせはこちら