奈良県で外構やエクステリアのブロック塀のひびや割れや危険性について

奈良県で外構やエクステリアのブロック塀のひびや割れや危険性について

あなたのお家のブロック塀は、日ごろメンテナンスや点検を行っていますか?

外構やエクステリアのブロック塀に、ひび割れが入ったりトラブルが起きると、とても危険なんです。

ひび割れが入っているのを放置すると、周りを巻き込む大事にもなりかねません。

今回は、外構やエクステリアのひび割れの危険性について、ご紹介します。

奈良県の外構のひびや割れの危険性 

大阪府ブロック塀が倒壊し、小学生が下敷きになった事故

大阪北部地震より、ブロック塀の倒壊で小学生の女の子が亡くなるという、悲しい事故が起きました。

あれから2年。

事故の原因は、ブロック塀の基礎の施工不足だったそうです。

またブロック塀の劣化も進んでおり、地震により倒壊してしまいました。

ブロック塀の危険性は、この地震によりあきらかです。

倒壊する危険性がある状態のブロック塀は、必ず所有者が責任をもって、メンテナンスや点検を行いましょう。

ひび割れや目に見えて分かる部分に、損傷がなくても基礎の鉄筋が腐食している場合もあります。

施工不足での倒壊も責任は所有者にあります

上記の事件のように、明らかに業者の施工不足や違法なブロック塀だった場合、業者に責任があるのではと思いますよね?

しかし、法律ではまず倒壊したブロック塀の、所有者が責任を負うことになります。

その後に、業者に責任を問う事ができるという流れです。

時間も労力もかかります。そうなる前に、日ごろからブロック塀の点検、メンテナンスはご自身で責任をもって行いましょう。

ブロック塀の寿命

ブロック塀は、メンテナンスを行っていた場合、交換時期は30年と言われています。

しかし何もしていなかった場合は、10年から15年です。

基礎にある鉄筋は、年月を重ねるごとに、酸化しサビてしまいます。

鉄筋はブロック塀を支えている中心です。これがだんだん細く、弱くなっていくんですね。

そのため地震や振動、なにかの衝撃があったときに倒壊しやすくなります。

ブロック塀の見えている面が、サビのような汚れがある場合は、ブロック塀の中心となる鉄筋がサビている可能性があります。

このような場合は業者に依頼し、リフォームをする必要があります。

自然災害による影響

地震や台風などの自然災害による、ブロックの劣化や大雨が頻繁に起こると、コンクリートが弱くもろくなります。

なので、夏から秋にかけての災害にとても影響されやすいのが現状です。

鉄筋は、水分によりサビます。

このためなにかの衝撃で、もろくなったブロック塀が、倒壊という自体になりかねません。

ブロック塀の点検不足や、ひび割れの放置は、とても危険なのです。

何かが起こる前に、しっかりとメンテナンスをしましょう。

ブロック塀のメンテナンスが最も重要な理由

ブロック塀は、お家のプライバシーを守るためや、不審者の侵入を防ぐため、お隣同士の境目にあることが多いです。

このブロックも劣化します。とくに、ひびや割れが起きている場合は注意が必要です。

ひび割れの種類は2つ

①構造クラック(ひび割れ)

危険なひび割れを、構造クラックと言います。

 

ひびの幅が0.3ミリよりも大きく、深さは4ミリ~5ミリ以上のものです。

この状態になっていると、ブロック塀はいつ壊れるか分からない状態です。

ブロック塀が倒壊してしまうと、その場にいた人に危険が及びます。とても深刻な問題です。

②ヘアクラック

ひび割れの幅が、構造クラックより小さい0.3ミリの、細いものはヘアクラックと言います。

倒壊の危険性はそれほどありませんが、補修しておくのが安心です。

後々このひび割れは、劣化などにより大きくなることも考えられます。

ヘアクラックを見つけたら、早めの対策をおすすめします。

その他のチェックポイント

ひび割れの他に、目で見て以下の状態であればすぐ、交換しましょう。

・ブロック塀がぐらついている

ブロック塀のぐらつきは、すでに倒壊の危険性がある状態です。

基礎の鉄筋ももろくなっている場合があります。

すぐにでも業者に、依頼しましょう。

・ブロック塀に、傾きがある

基礎から傾いている、一部が傾いている場合、こちらもすぐにでも交換が必要です。

何かの拍子で倒壊の危険性が高いので、すぐにでも交換依頼しましょう。

奈良県のブロック塀の点検義務について

大阪府のブロック塀倒壊の事件から、ブロック塀の点検が義務付けられているのをご存じですか?

こちらは奈良県のブロック塀、安全点検のチェック項目です。


引用:http://www.pref.nara.jp/50298.htm

こちらも参考にして、分からないことがあれば、ぜひ住まいるサービスにご相談ください。

定期的なメンテナンス、点検も行っております。

まとめ

以上のように、ブロック塀の安全点検、危険性をご理解いただけたと思います。

あなたの安全、そして周りにいる方たちの安全のためにも、点検やメンテナンスを行い、危険性の高いブロック塀に関しては、かならず交換しましょう。

ブロック塀は命にも関わる、危険性を潜んでいることを理解し、責任を持ってくださいね。

また、信頼できるリフォーム会社へ依頼することも大切です。

住まいるサービスでは、プロの職人、スタッフが責任をもってメンテナンスや交換をさせていただきます。

ご依頼の場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

あなたと周りの人のためにも、全力でサポートさせていただきます。

お問合せ

お問い合わせはこちら