【奈良】浴室のタイル床を安全面を考慮し交換しました。

(※このページは2019年4月1日に更新されました)

このページは、浴室のタイルの床を交換された内容のお話です。

奈良県天理市でハウスクリーニングとリフォームを仕事にしている会社が発信している内容です。

 

今回は、奈良県 奈良市にあるお家での浴室のリフォームを行われました。

 

住まいるサービス

 

奈良県天理市にある会社です。地域密着会社として独自のサービスを展開しており、作業完了後の後日集金を取り入れており満足度向上を目指しております。ハウスクリーニングとリフォームをメインとしておりますが、水のトラブルにも対応しており詰まり解消作業は得意です。奈良県内全域と天理市より1時間半圏内でしたら対応可能です。排水管まるごと洗浄で¥20,000(税込み)は地域密着会社だからこそできるサービス内容です!

住まいるサービスの詳細についてはこちら

 

なぜ浴室のタイルの床をリフォームされたのか

まず、お家の情報です。

  • 築年数31年
  • 70代ご夫婦

お風呂場がすべってこわいんだよ と連絡をいただきました。

現場に向かわせていただきまずは現地調査をさせていただきました。

タイルの床です。

たしかにタイルの床は味がありお洒落ですが、転倒したときのケガの危険性があがります。

住まいるサービスで風呂のリフォームを検討された方の理由

  • お湯が冷めるのがはやい
  • タイルにワレがみられた
  • 滑った
  • カビがひどい
  • 介護やバリアフリー化のために
  • お孫さんが帰ってきたときに深い風呂だといわれた

などが非常に多いと思われます。

今回のお客様は、ステンレスのお風呂は気に入ってるが床がすべってこわいとのことでした。

すべる可能性はどの素材でもありますが、すべった時の安全面を考えたリフォームを提案させていただきました。

お風呂のリフォームをするとなると高額な費用もかかりますが、お風呂は気にいってるけど床を変えたいなどのご提案は可能です。

お風呂そのものを交換しないといけないと思っているかたもおられますが、奈良県で地域密着のリフォーム会社だからこそできるご提案内容だと考えております。

※下記が工事中 写真になります。

作業完了

 

お風呂に手すりを付けたりするバリアフリーもひとつの手段ですが、もしもの時を想定したバリアフリー化も必要ではないかと考えます!

 

作業後は、住まいるサービスの得意分野のハウスクリーニングで満足度100%です!